読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・ゲームをしてやったり

あの伝説(町内会の掲示板レベル)のブログ、ゲームをしてやったりがリニューアルしました。

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

だらだらと

こんばんは、みんとすです。 うん、わかっているんだ。普通に一ヶ月弱過ぎていたねw うんw 自分は生きておりますし、ツイッターは平常稼働なのでぜひ見てくださいw さて、久々に書くブログですが、特に話す話題がありません。 どうしたもんかなあって思いながらも、自分はもう高校生ではなく、一専門学生(進学したって結構言ってたけど、ごめん、大学じゃないんだ……w)になるし、ドラクエもチームリーダーとしてそろそろ何かしらの責任を負う(っていうと重々しいんだけど、まあ主体の何かができたらな~とぼんやりと思っている程度です)時期なのかな。イベントもやらないとな、久々にやると具合がわからないだろうな。 自分で何がしたいんだろうなーって思った時、なんだか色々と黙っていたことが多かった気がします。 なのでこの場を借りて、しっかりと色々話そうかなって思います。 昔だったら不安定だった足場も、今だったらしっかりと地が固まって揺らぐものではありませんし、僕の宝物でもあり、行動力を働かせる資源だったりします。 見る人によっては痛々しい文面になるかと思いますし、自分が恥ずかしくなるので推敲なんかもしない一発書きで、文法的におかしなものが多いと思われますが、ご了承くださいw って言ったものの、何から話したらいいんだろうか……w とりあえず、行動した理由とかですかね、うん。 自分は一般的には、大喜利を始めとするイベントは「やってみたかったから」チームに関しては「盛り上げたいから」っていう風に言っていたんですけど、本当はちょっとだけ違います。 両方共、自分の行動力を養いたかったからっていうのが本音です。 完全なエゴイズムですw 確か9月とかその辺りだったかな、一昨年の。 現実の自分は、引っ込み思案で色々ダメになっていた記憶がすごいんですね、うん。 自分が仮に真ん中にいたとしても、自分はちょっとだけ立ち位置的に引いていて、誰かが出すものに「あー、それいいんじゃない?」って言うくらいでした。 別に上から目線が気持ちよかったわけじゃなかった。むしろ、何も思いつかず、何も出さない自分にちょっとした嫌悪感を抱くくらいでした。 周りが自分をリーダーだとか班長だとかに決めていく時、自分は大体「なんか自分に押し付けているんだな」っていうくらいの認識でいました。 自発的に自分が中心核になろうって思った気は一切なかった気がします。 「性格に問題がある」って言われれば、まあ「はい、そのとおりですw」としか言い様がないんですがw 色々と欠けていたんだなあって、今でも欠けたままのものがたくさんあると思います。 積極性、社交性、行動力、統制力、忍耐力はすぐに浮かびました。 後あげるなら観察眼とか信じることとか、命令とか指示することとかですかね。 特に「これやっておいてくれる?」っていうのは、例えリーダーになったとしても、なかなか言えませんでした。 なんか、その人にぶっ飛ばされる気がしてw 真ん中にいるのが自然で、てきぱきと力を分散させて行動できるクラスメートが羨ましかったです。 あんなにうまい具合に人を動かすにはどうすればいいんだろうって思ったり、思わなかったりです。 多分、どこかに無理だっていう気分があったんですかね、ええ。 で、まあ社交性に色々問題があって外に出れなくなったりもしたわけなんですが(ここを詳しく話し始めると、ものすっごい長い文章になって見づらいことこの上ないと判断したので省略しますw)一応、通信制の高校を卒業して、外に問題なく出ることができるくらいは体調は回復しました。 その回復し始めた頃だったかな、高校一年生とかの時に確かドラクエⅩのβテストがあったんですよ。 まあ、この辺りもすごい省略しますw かいつまむと「オンラインのドラクエってどうなんだろう」って思い、実際に動かしてみたら「やばい、超楽しい」ってなったぐらいしかないですw(メタスラとかおどる宝石とかを使ったサーバーテストは楽しかったな) で、製品版が発売されて9月の下旬とかかな。中旬だったか。 楽しい場所で更に楽しくすることをしたいっていう建前の元、とりあえずチームを作ってみるかーってなったわけです。 で、10月に初めてのプレイヤーイベントですね。約2ヶ月後には初めてのプレイべとか、もうちょっと経験積めよって思ったりもしますが……w 何でか分かんないんですけど、「面白いこと=イベント」って何でか思ったんですよね。何で何でしょう。 でも、それがなかったら、多分一生やってなかったんだろうなあって思ったりもします。 ある場所にとどまって、近づいてくる人、離れていく人、衝突する人、和解する人、楽しい人、面白い人、純粋にすごい人をたくさん見てきました。 最近は参加自体もあまりしていませんが、おそらくあの世界は現実と同様、どうしようもない人もいればどんなに頑張っても近づけない人もたくさんいるんだろうなって思っています。 MMOは、僕は第二の現実だと思っています。 色んな人が生きていて、犯罪もあれば取り締まる人もいて、大道芸人がいれば怒られ褒められ、うまく行ったら喜んで失敗したら落ち込んで、笑って、泣いて、感情が読み取れて、そこからどうすればいいか考えることが出来て。 現実と決定的に違うことをあげるならば、僕なら世界の壁があることって答えるでしょう。 どうやってもアストルティアにはいけないし、アストルティアの彼らは現実に出てくることが出来ない。 なので、第二の現実なんです。真実の世界でもないし、偽りの場所とも思っていません。 あ、やめてね? 頭おかしいとか言わないでね?w そんな「現実世界」で出会えた皆さんに一言。 こんなどうしようもない人間を、飽きもしないでかまってくれて、ありがとう。 これからも「みんとす」をよろしくお願いします。 ……あ、やめませんよ?w おそらく、専門学校の感覚がつかめるまではIN率は不安定になると思いますが、多分やめないと思います。 まあ、自然といなくなったらその時はその時でw だって、まだやりたいことがたくさんあるんです。 久々に大喜利やりたい。チームメンバーと何か大きなことをやり遂げてみたい。色んな人といろんな世界を見てみたい。仲間の魔物のちからを最大限に引き出すために何をすればいいか考えたいし、個人的には強くなりたい。 おそらく、まだまだ社交性には欠けていると思います。 というか、前文に書いた欠けているものは、まだ欠けたまんまだと思います。 でも、多分色んな繋がりを知って、ちょっとだけかけたものにあうピースを見つけた気がします。 自分一人で背負い込む気はさらさらないけど(というか、それのせいで色々大変だったw)自分でカバーできるものは自分でしっかりと抱え込めればいいなと思っています。 ただ、もしかしたら他の人に助けを請うかもしれません。 その時は「ちっ、あいつかよ」って思わないで、ちょっとだけ助けてください。 これがおそらく、精一杯の甘えです。 なんだかまとまりがあるのかないのかわからない文章で、しかも誰が読めば得するのか一切わからない文章でしたw しかも、ゲーム一切関係ねぇ! もうこんな記事、金輪際書くもんか! ……っていう宣言の元、この記事をしめたいと思います(しまんねぇよ) 長々とありがとうございました。 問題があれば、こっそりとこの記事を削除しますが、その時はよろしくお願いします(?) では、皆さんにより良いアストルティアライフを。 そして、現実でも壁を隔てた向こうの仮想でも、良き出会いがありますように。